こんなんなった。これをhetemlでPHPファイルにて保存したのち、URLにアクセスすればおk

-------------------------------------------------------------------------------
<?php
$attributes = array("product" => array("name" => "<商品名>"));

$request_options = array(
    'http' => array(
        'method'  => 'PUT',
        'header'=> "Authorization: Bearer <アクセストークン>\r\n" . "Content-Type: application/json\r\n",
        'content' => json_encode($attributes)
    )
);

$context = stream_context_create($request_options);

$url = 'https://api.shop-pro.jp/v1/products/<商品ID>.json';
$response_body = file_get_contents($url, false, $context);
echo $response_body;// 確認用出力、省いてもよし
?>
-------------------------------------------------------------------------------

<商品名>と<アクセストークン>と<商品ID>を任意で入力してください。


カラーミーのサンプルはオプション変更だったから配列入力が二つあったのね。
理解するのに2日かかった…orz
あ、arrayが配列指定みたいです、はい。

例文探しまくったけど全然なかた((= ・ω・=))


なので商品名のところをhttp://shop-pro.jp/?mode=api_interface#put-v1productsidjsonを参考に

$attributes = array("product" => array("name" => "<商品名>", "price" => 1000, "cost"=> 500));

とかにすると商品名、販売価格、原価を変更可能みたいです。
オプション変更の場合はhttp://shop-pro.jp/?mode=api_startedのサンプルの形でいいはず。

まあこれでファイル読み込みさせてカラーミーで商品名のみ一括変更できるはず。
俺これが終わったら会社やめてやるんだ・・・。

それにしても$response_body見る限り、ほかの部分も変えれるんじゃねこれ。